UiPath情報まとめ

RPAロボットのデファクトスタンダードであるUiPathでは無料でUiPathアカデミーというUiPathのeラーニングを提供しています。 このブログはUipathアカデミーの問題を解説しているファンサイトです。 目次はこちら→ http://uipath.techblog.jp/archives/5444129.html

 └Level2最終テスト

Level2最終:ロボットは、[Info] レベルの [ログメッセージ (Log Message)] アクティビティを使用するワークフローを実行しています。

問題:
ロボットは、[Info] レベルの [ログメッセージ (Log Message)] アクティビティを使用するワークフローを実行しています。ロボットのログレベルが [Error] に設定されている場合、[Info] ログは Orchestrator の [ロボット (Robots)] ページ、[ジョブ (Jobs)] ページの [ログ (Logs)] ページに表示されますか?

解答:
◯ いいえ、[ロボット (Robots)] ページの [ログを表示 (View Logs)] には [Error] のログレベルから表示されます
× はい、すべてのログメッセージはログレベルに関係なく、[ロボット (Robots)] ページの [ログを表示 (View Logs)] に表示されます

Level2最終:ロボットトレイでプロセスが利用可能になるのは次のうちどれですか?

問題:
ロボットトレイでプロセスが利用可能になるのは次のうちどれですか?

解答:
× Orchestrator でデプロイしたすべてのプロセスはロボットトレイで利用可能です
〇 ロボットグループのロボットにパッケージがデプロイされている場合に利用可能です
× ローカルマシンから発行されたすべてのプロセスはロボットトレイで利用可能です
× ロボットにてジョブが作成されると利用可能です

Level2最終:ロボットとOrchestrator間の接続を確立するために必要なステップは以下のうちどれでしょうか?

問題:
ロボットとOrchestrator間の接続を確立するために必要なステップは以下のうちどれでしょうか?
正しいものを一つ選択してください

解答:
◯ Orchestratorでロボットをプロビジョニングする。
◯ Orchestrator URLとRobot keyを使用してローカルマシンでロボットを設定する。
× ロボットを動作させるローカルマシンとOrchestratorが同一のLANもしくはVPN上にあるか確認する。

Level2最終:ロボットキーの生成方法は次のうちどれですか?

問題:
ロボットキーの生成方法は次のうちどれですか?

解答:
× ロボットキーは各ロボットによって自動的に生成され、ロボットトレイに保存されます
◯ [マシン (Machine)] ページにてマシンをプロビジョンすることでロボットキーを生成します
× ロボットキーにはライセンスが付属しています
× ロボットキーは UiPath Studio によって生成されます

Level2最終:ロボットがプロセスを実行中に新しいジョブが起動した場合、ロボットの状態はどうなりますか?

問題:
ロボットがプロセスを実行中に新しいジョブが起動した場合、ロボットの状態はどうなりますか?

解答:
◯ ロボットがプロセスの実行を終了するまで、新しいジョブは [保留中 (Pending)] の状態となり、ロボットが利用可能になると新しいジョブが実行されます
× 新しいジョブを開始するために利用可能なロボットのリストがポップアップで表示されます
× 「このロボットは現在利用できません」というエラーメッセージが表示されます
ギャラリー
アーカイブ
  • ライブドアブログ